乳酸菌サプリと乳酸菌配合の青汁どっちがおすすめ? 17/07/2015

乳酸菌は善玉菌を増加させることで腸内環境バランスを整える働きがあります。腸内環境バランスが整うと、便秘解消だけでなく、免疫力アップ、肌トラブルの改善、おなら減少など様々な効果が期待できます。積極的に乳酸菌を摂取する人が増えているのです。乳酸菌配合の商品は数多く販売されており、乳酸菌を主成分として凝縮配合した乳酸菌サプリメントの他、乳酸菌配合の青汁などもあります。では乳酸菌サプリメントと乳酸菌配合の青汁であれば、どっちがおすすめなのでしょうか?2商品の違いについて説明していきましょう。
sapuri8
【乳酸菌サプリと乳酸菌配合の青汁の違いは?】
乳酸菌サプリメントは乳酸菌配合の青汁よりも、配合されている乳酸菌量が多いケースがほとんどです。また乳酸菌は胃や腸を通過する時に、熱や酸の影響を受けやすいため、普通に摂取するとその大半が死滅してしまいます。乳酸菌サプリメントでは乳酸菌を生きた状態で腸に届けるために、特殊なカプセル加工などの工夫がされています。そのためより高い乳酸菌の効果を実感できるでしょう。
一方乳酸菌配合の青汁は、酵素やビタミンなどをたっぷりと含んでいる青汁の中に乳酸菌を配合した製品になります。そのため乳酸菌メインのサプリメントに比べると乳酸菌量は少なく感じるかもしれません。しかし乳酸菌の働きだけでなく、青汁に含まれる酵素やビタミンの効果も実感できますよ。

【乳酸菌サプリと乳酸菌配合の青汁はどちらも効果を感じられる】
乳酸サプリメントを摂取する人と、乳酸菌配合の青汁を摂取する人、どちらも大勢いらっしゃいます。実際に飲んでいる人の口コミを見ると、どちらの商品も体の調子が整い、健康的になったという満足いく評価が目立ちます。乳酸菌サプリメントも乳酸菌配合の青汁もどちらも毎日継続しなければ効果は得られませんので、毎日無理なく摂取できるものを選びたいですね。

【自分に合ったサプリや青汁を選ぶべき】
乳酸菌サプリも、乳酸菌配合の青汁もどちらも高い効果は得られます。最終的にどちらがよいのかを決めるのは自分次第と言えるでしょう。青汁の味が苦手だという人や、野菜などは食事からきちんと摂取できているという人は乳酸菌サプリメントの方がよいでしょう。逆に、食生活の乱れが気になる、野菜不足になっているという人は乳酸菌配合の青汁がよいですね。

カテゴリー: 乳酸菌について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です